FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

第8回「不随意運動」

自分の意思に関係なくひとりでに体が動いてしまう現象を「不随意運動」と呼びます。自分の意志で行う「随意運動」と対比されます。原則として緊張や感情の高まりで増強し、睡眠中には止まります。運動をコントロールする神経経路の本幹を「錐体路」と呼びますが、それを補完する神経経路の代表として「錐体外路」があります。不随意運動はこの錐体外路の異常で起こるのが原則です。脳の病気である、脳梗塞や脳出血の後遺症、パーキ...

続きを読む

第7回「バビンスキー徴候」

「神経」は大きく、「中枢神経」と「末梢神経」に分かれます。神経組織は私たちの体、精神をコントロールしますのでよくコンピューターに例えられます。そこでは「中枢神経」はコンピューター本体、「末梢神経」は情報を伝えるケーブル(コード)に相当します。「中枢神経」は大脳、小脳、脳幹(中脳、橋、延髄)から成り、「末梢神経」は、中枢神経からの情報を末梢に伝える「運動神経」などの遠心性線維と、末梢の情報を中枢に伝...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。